SHZ0010 しずかおり (40g)

¥2,580 JPY

ティードリップバッグ
商品の詳細

桜餅・ラベンダーなど、華やかな香りのオーケストラ

森内さんの"しずかおり"の最大の魅力は、なんと言ってもその香り。多層的で少し複雑な香りを持つこのお茶は、さまざまな表情を見せてくれます。

時に華やかに、時に涼やかに、時に青々しく。その香りの多様さは、私たちを惹きつけて離しません。

温度が下がるにつれて、その印象も変化します。ホットでもアイスでも、お好きな飲み方で、このお茶の魅力を感じてみてください。

茶種:煎茶
品種:しずかおり
生産者:森内茶農園(静岡県本山)
味:渋味, 甘味, 桜餅, ラベンダー

*全て個包装。4g×10パックの40g入りです。

*写真のボックスでポストにお届けしますので、ご不在時にもお受け取りいただけます。

レシピ
  • 茶葉: 4g
  • 湯量: 120ml(4oz)
  • 時間: 100sec
  • 温度: 70℃

Point

温度調節機能付きの電気ケトルや温度計がない場合は、以下の手順でお湯を冷ましてください。

  1. ポットでお湯を沸かし、そのお湯を一度湯呑みに移し替えます。
  2. そのまま3分ほど待つと、湯温が70度前後まで下がります。

*湯呑みの形や素材によって、温度の下がり方は変わります。

How to Brew

  1. 80度のお湯を準備します。
  2. 急須に茶葉を入れ、お湯を注ぎます。
  3. 80秒経ったら、あまり急須を揺すらないよう、ゆっくりと注いでください。
  4. 急須から出る最後の一滴は、茶葉の旨味をたっぷりと吸った極上の一滴です。最後の一滴まで優しく注ぎ切ってください。

参考リンク

生産者のストーリー

古くは徳川家の御用茶の産地として、家康の時代から栄えてきた静岡県本山地区。安倍川上流の急峻な地形に囲まれ、険しい山間部に茶畑が広がるこの地域では、お茶本来の香り高さを存分に引き出した、山のお茶作りが行われてきました。

そんな古くからの茶産地、本山において、森内さんはかなりの変わり者です。煎茶だけでなく紅茶・烏龍茶・釜炒り茶など、あらゆる茶種を作り、テスト中のものも含めれば20種もの品種を育てています。

その中でも”しずかおり”は、私たちもなかなか出会うことがない、非常に希少な品種。文字通り静岡で生まれ、その香りが魅力的な品種なのですが、香りのお茶の名手・森内さんの"しずかおり"は、ハーブような複雑で華やかな香りがとにかく抜群。

桜餅やラベンダーの香りが来たかと思えば爽やかな青葉の香りが現れ、様々な香りで私たちを楽しませてくれて、飽きることなく飲み続けられます。

ぜひ色々な淹れ方で、このお茶が持つ香りの魅力を引き出してみてください。