FAR EAST TEA COMPANYについて

皆さんは、お茶の「品種」をご存知ですか?

米なら「コシヒカリ」「あきたこまち」「ひとめぼれ」...ブドウなら「ピノ・ノワール」「シラー」「メルロ」 ...

それらと同じように、お茶にも品種があります。

農林水産省の認定品種で60種程、日本に古来から存在する在来種を含めれば、その数は100種以上。

ですが、日本で生産されるお茶の70%以上は「やぶきた」という品種のお茶です。

100種以上の品種がありながら、そのシェアの7割以上を「やぶきた」が占め、それ以外の品種は多くても数%、ほとんどの品種は0.5%も生産されていません。

「やぶきた」は香りにクセがなく、甘味と渋味のバランスが素晴らしく、お茶の天敵である寒さにも強いという特徴を持つ、非常に優れた品種です。

この育てやすく、高い品質を誇る「やぶきた」は、1950年代に爆発的に普及して以来、一時は9割近いシェアを占めていたこともありました。

「やぶきた」と「それ以外」

では、「やぶきた」以外の品種はどれも「やぶきた」よりも劣っているのでしょうか。

もちろんそんなことは絶対にありません。

極上の旨味や甘味をもつ品種

渋味のバランスに優れた心地よいキレをもつ品種

花やハーブのような華やかな香りをもつ品種

米やワインと同様、それぞれの品種にはそれぞれ固有の特徴があり、その違いに優劣は一切ありません。そこにあるのはお茶が持つ「個性」と、私たち飲み手の「嗜好」だけです。

個性の魅力を追求するブランドとして

FAR EAST TEA COMPANYは、お茶の「個性」に注目し、そしてその最大のファクターである「品種」の魅力を追求するブランドです。

「やぶきた」の発見者であり、日本の品種改良の父とも言われる杉山彦三郎。彼が見付けた「晩一号」という品種が日本で初めて「認定品種」として登録され、「品種」という概念が初めて世に認められた年である1892年を、日本におけるお茶の多様性の出発点とし、このブランドのシンボルとして掲げました。

正直に言います。私たちはお茶に夢中です。

私たちは全国の生産者さんの元を訪ね、美しい茶畑を前にしながら彼らの想いや苦労を聞き、数えきれないほどのお茶を飲んできました。 

どんな想いや歴史を持って作られたお茶なのか、この美味しさの理由がどこにあるのか。それを知った上で飲むお茶の美味しさと面白さは、私たちを夢中にして離しません。

そしてその魅力を、できる限り余すことなく、皆さんにも伝えていければと考えています。 生産者の想いも、どうやって作られたお茶なのかも、全て余すことなく伝えます。

このストアには、僕らが実際に飲んで、生産者さんの元を訪ねて厳選した、素晴らしいお茶が揃っています。

是非、ただお茶を飲むだけではなく、そのお茶のことを知りながら楽しんでみてください。 きっと皆さんを夢中にさせてみせます。

FAR EAST TEA COMPANY