絞り出し急須 (黒麗)

¥6,600 JPY

商品の詳細

日本古来の「絞り出し方式」とは、茶こしを使わず急須のそそぎ口に彫られた筋目(溝)から茶葉の旨味を絞り出す淹れ方です。本来、急須の蓋からお茶が漏れてはいけないことですが、穴を開けて出すという逆転の発想よりこの急須は生まれました。急須の本体と蓋に細かい穴が開いており、昔ながらの粗めに濾したお茶を淹れるのに適しています。茶柱が立つような、お茶を楽しめます。
茶漉しの部分を、裏と表、両方直接洗えるのも良い点の一つです。

粉引は、白色土で下地に化粧掛けし、透明釉を掛けて焼成します。柔らかい風合いが特徴で、茶卓の雰囲気を優しくしてくれます。
黒麗は粘土質で吸水性のない陶土を施しています。内側はガラス質の釉薬がかかって、淡いグレー色です。
落ち着いた雰囲気で、無機質な空間にも合う雰囲気があります。

どちらも、50年以上前から急須用に配合されたオリジナルの陶土を使っております。
茶葉の匂い移りもなく様々な茶葉にお使い頂けます。胴体・蓋共に茶漉しの穴があります。

Detail

Detail

  • 品番:K011
  • 寸法:w:185/d:152/h:85 (mm)
  • 素材:炻器
  • 容量:300
  • 粉引き:レンジ:×
  • 直火:×
  • 食器洗い機:×
生産者のストーリー

南景製陶園は三重県四日市市にある萬古焼のメーカー。作陶に使う土を扱う「陶土業」から始まった彼らの焼き物は、独特な色味と、どこかしっとりと柔らかな手触りが特徴。

「作家もの」と「プロダクト」、両方の良さを持ち合わせた道具は、デザインと使いやすさが見事に共存しています。

部屋の見えるところに置いておきたくなるような道具たちは、日々使う内にその使い心地の良さを感じさせてくれる、暮らしにそっと寄り添ってくれるような焼き物です。