KAG0007 あさのか (40g)

¥2,680 JPY

Description

味わいのバランスがよく、お茶の旨味と渋味、そのどちらの魅力も味わえるような煎茶です。

香りにも全くクセがなく、その香りは正に王道の煎茶そのもの。
どんな淹れ方をしても味わいが崩れず、大雑把に淹れても美味しく飲める、手元にあると安心感のある頼れるお茶です。

茶種:煎茶
品種:あさのか
生産者:下窪勲製茶(鹿児島県南九州市)
:旨味、渋味、海苔

*全て個包装。4g×10パックの40g入りです。
*写真のボックスでポストにお届けしますので、ご不在時にもお受け取りいただけます。

Recipe

Recipe

  • 茶葉: 4g
  • 湯量: 120ml(4oz)
  • 時間: 90sec
  • 温度: 80℃

Point

温度調節機能付きの電気ケトルや温度計がない場合は、以下の手順でお湯を冷ましてください。

  1. ポットでお湯を沸かし、そのお湯を一度湯呑みに移し替えます。
  2. そのまま2分ほど待つと、湯温が80度前後まで下がります。

*湯呑みの形や素材によって、温度の下がり方は変わります。

How to Brew

  1. 80度のお湯を準備します。
  2. 急須に茶葉を入れ、お湯を注ぎます。
  3. 90秒経ったら、急須を少しずつ揺らしながら注いでください。
  4. 急須から出る最後の一滴はは茶葉の旨味をたっぷりと吸った極上の一滴です。最後の一滴まで優しく注ぎ切ってください。

参考リンク

Story

”あさのか”という品種は、とてもバランスの良い品種です。力強い旨味と、後味を引き締めるほのかな渋味。万人に愛されるこのバランス感は、高温で淹れても崩れず、むしろボリューム感を増して口の中いっぱいに広がります。下窪さんの"あさのか"を飲んだ時、この優秀な品種の、一つの完成形だと感じました。

鹿児島県の頴娃エリアでお茶作りを営む下窪健一郎さんは、私たちが知る中でも最もお茶づくりに情熱的な生産者さんの一人。常に研究を欠かさない彼は、土づくりにとことんこだわり、定期的な土壌分析と自作の有機肥料でお茶に最も適した環境を作り上げます。管理する畑は全部で45ha。栽培品種も20を優に超える、鹿児島県でもトップクラスの規模を誇る生産者さんです。

濃厚なのに、決してクドくない。大雑把に淹れても美味しく飲めて、味にも香りにも癖がなく、毎日でも飲みたいと思える。台所にあるとどこか安心するような、頼れるお茶です。