Sencha 320 急須 (黒練)

¥7,700 JPY

Description

シンプルで直線的な形は、どのような空間にも馴染むようにと考案しました。浅く広い形は、茶葉がじっくりと広がり緑茶に適しています。湯流れが良く、洗いやすく、安定感のあることがこの形状の利点です。1~4人分ほどを淹れられる便利な大きさです。
直線的で、洗いやすい形状ですが、注ぐ際は、ゆっくりと傾けるようにしてください。茶漉しは、昔ながらの共茶漉しです。茶漉しについて詳しくは「茶こしの選び方」をご参照ください。

陶土は鉄分を多く含むもので、昔から急須用に配合されている土です。釉薬をかけずに鉄分が黒くなる方法で焼しめています。特に内側に釉薬をかけないことで、その表面の細かな凹凸が、お茶の渋みを程よく緩和し、まろやかで美味しく変化させます。使い込むほどに表情を少しずつ変え、色合いが豊かになります。

Story

南景製陶園は三重県四日市市にある萬古焼のメーカー。作陶に使う土を扱う「陶土業」から始まった彼らの焼き物は、独特な色味と、どこかしっとりと柔らかな手触りが特徴。

「作家もの」と「プロダクト」、両方の良さを持ち合わせた道具は、デザインと使いやすさが見事に共存しています。

部屋の見えるところに置いておきたくなるような道具たちは、日々使う内にその使い心地の良さを感じさせてくれる、暮らしにそっと寄り添ってくれるような焼き物です。