SMN0001 さえみどり (40g)


Description

出雲製茶のさえみどりは、苦渋味が非常に薄く、染み渡るような旨味と甘味が魅力的です。
これまで飲んできた数多くのさえみどりの中でも、群を抜いて優しい味わいを持っていて、ホッと一息落ち着く時間にぴったりな、優しさと安定感を与えてくれるお茶です。

茶種:煎茶
品種:さえみどり
生産者:出雲製茶(島根県出雲市)
:甘味、旨味、青葉、海苔

*全て個包装。4g×10パックの40g入りです。
*写真のボックスでポストにお届けしますので、ご不在時にもお受け取りいただけます。

Recipe

Recipe

  • 茶葉: 4g
  • 湯量: 120ml(4oz)
  • 時間: 120sec
  • 温度: 60℃

Point

丁寧な被せでたっぷりと旨味を蓄えた出雲製茶のさえみどりは、余計な雑味を出さないよう、低温で丁寧に淹れてあげるのがポイント。

トロッと広がる濃厚なお茶の旨味と甘味を楽しんでみてください。

温度調節機能付きの電気ケトルや温度計がない場合は、以下の手順でお湯を冷ましてください。

  1. ポットでお湯を沸かし、そのお湯を一度湯呑みに移し替えます。
  2. そのまま5分ほど待つと、湯温が60度前後まで下がります。

*湯呑みの形や素材によって、温度の下がり方は変わります。

How to Brew

  1. 60度のお湯を準備します。
  2. 急須に茶葉を入れ、お湯を注ぎます。
  3. 120秒経ったら、あまり急須を揺すらないよう、ゆっくりと注いでください。
  4. 急須から出る最後の一滴は、茶葉の旨味をたっぷりと吸った極上の一滴です。最後の一滴まで優しく注ぎ切ってください。

参考リンク

Story

"さえみどり"と聞くと、私たちはワクワクを抑えられません。緑茶の王道”やぶきた”と、天然玉露とも呼ばれる"あさつゆ"を両親に持つ、非常に美味しい品種だからです。濃厚な旨味と甘味、癖のない香り。"さえみどり"を嫌いな人なんているんでしょうか?

出雲製茶は明治40年から、100年以上もの歴史を持つ生産者さん。農耕面積は12haと、島根県最大の規模を誇ります。一度は東京で就職し、その後家業を継ぐことを選んだ岡裕太さんのお茶作りは、そのキャリアからかとてもストイックです。天候や茶葉のデータを細かく収集し、毎年着実に美味しいお茶を作ります。

出雲製茶の"さえみどり"は、FETCのラインナップの中でもトップクラスに柔らかい味わいのお茶。苦渋味がほとんどなく、優しい甘味と旨味がトロッと広がります。決してお茶どころとは言えない島根にも、こんなに美味しいお茶があるんだと、きっと驚いていただけると思います。