MIE0001 さえあかり (40g)


Description

かぶせ茶らしい覆い香と共に、とうもろこしのような甘い香りがふわりと立ち上る、とても柔らかい印象のお茶です。
苦渋味はほとんど感じられず、たっぷりと蓄えられた旨味がじんわりと舌に広がります。玉露のように50〜60℃の低温で、ゆっくりと旨味を引き出すように淹れていただくと、このお茶の魅力を感じていただけます。

茶種:煎茶
品種:さえあかり
生産者:清水マルシゲ製茶(三重県水沢町)

:甘味、旨味、とうもろこし、枝豆、海苔、マスカット

*全て個包装。4g×10パックの40g入りです。
*写真のボックスでポストにお届けしますので、ご不在時にもお受け取りいただけます。

Recipe

Recipe

  • 茶葉: 4g
  • 湯量: 120ml(4oz)
  • 時間: 120sec
  • 温度: 60℃

Point

清水さんの作った「さえあかり」は、かぶせ茶特有のたっぷりと詰まった旨味が抜群に美味しいお茶なので、60度前後の低温でゆっくりと淹れるのがオススメです。


温度調節機能付きの電気ケトルや温度計がない場合は、以下の手順でお湯を冷ましてください。

  1. ポットでお湯を沸かし、そのお湯を一度湯呑みに移し替えます。
  2. そのまま5分ほど待つと、湯温が60度前後まで下がります。

*湯呑みの形や素材によって、温度の下がり方は変わります。
湯呑みに触った時に、人肌よりも少し暖かいくらいになっていればおおよそ60度です。

How to Brew

  1. 60度のお湯を準備します。
  2. 急須に茶葉を入れ、お湯をゆっくりと注ぎます。
  3. 120秒経ったら、できるだけ急須を揺らさずゆっくりと注いでください。
  4. 急須から出る最後の一滴は、葉の旨味をたっぷりと吸った極上の一滴です。最後の一滴まで優しく注ぎ切ってください。

参考リンク

Story

初めて清水さんの「さえあかり」を飲んだ時の驚きを、今でも覚えています。津波のように押し寄せる旨味。渋味や苦味はほとんどなく、コーンやナッツのような甘い香りがふわりと立ち上る。60度の低温で淹れると際立つ濃厚な旨味は、玉露だと言われても信じるほど。

こんなに旨味を強く感じるお茶には、私たちもなかなか出会えません。 三重県はかぶせ茶の一大産地。四日市市水沢町にある清水さんもかぶせ茶を中心に作っています。かぶせ茶は収穫直前に日光を遮ることで茶葉の旨味が濃くなり、お茶の旨味がしっかりと感じられるのが特徴のお茶です。

水沢町では珍しく、早くから品種茶に注目していた清水さん。「さえみどり」や「つゆひかり」など、かぶせ茶に適した品種を、栽培から仕上げまで全てご自身で行っています。そんな中から今回は、私たちが最も衝撃を受けた「さえあかり」を選びました。是非ゆっくりと低温で、トロットロの旨味を楽しんでみてください。

CUSTOMER REVIEWS

全部で 9 件のレビューがあります レビューを書く