CONCEPT

お茶の画像

日本中のお茶を飲んだ私たちが魅了されたのは、
その味わいの多彩さでした。

濃厚な旨味を持つお茶
ミルクのような甘味を持つお茶
キレのある渋みを持つお茶
花やハーブのような香りを持つお茶

気候、立地、栽培法、加工法 etc…
お茶の味わいを左右する要因はたくさんありますが、中でもFAR EAST TEA COMPANYが注目したのは、「品種」です。

品種によって、お茶の味わいは大きく変わります。
味も香りも水色も、淹れ方や飲むシーンでさえも。
品種が変われば、全く違うお茶になるのです。

現在では100種類以上存在するお茶の品種ですが、60年ほど前まで、日本で作られる煎茶の9割以上は「やぶきた」という品種でした。
現在も7割以上のシェアを誇る、日本で最もメジャーな品種です。

煎茶としての品質に優れ、栽培もしやすい「やぶきた」は爆発的に普及し、一躍日本の煎茶のスタンダードとなりました。

しかしその反面、「やぶきた」以外のほとんどの品種は、生産量が1%にも満たない、非常に生産量の少ない品種です。

そもそもお茶に品種があること自体があまり知られてない上に、生産量も少ないこれらの品種を知っている人は、ほとんどいません。

そして僕らはこの、まだ世に知られていない品種たちに、強く魅力を感じました。

「やぶきた」と「それ以外」

そんな品種茶の美味しさを知ったその日から、FAR EAST TEA COMPANYは、お茶の個性に注目し、そしてその最大のファクターである「品種」の魅力を追求することを決めました。

そんな僕らが扱うお茶は全て、単一品種・単一農園で作られた、シングルオリジンのお茶です。

その生産者が、どんなコンセプトや想いを持ってお茶を作っているのか。

その品種が、どんな香りや味わいを持つ品種なのか。

それをダイレクトに味わってもらうために、シングルオリジンにこだわって厳選しました。

「品種」の魅力を追求するブランドとして

そんな、「品種」の魅力を追求するという僕らの想いは、ブランドのロゴにも現れています。

「やぶきた」の発見者であり、
日本の品種改良の父とも言われる杉山彦三郎。
彼が見付けた「晩一号」という品種が
日本で初めて「認定品種」として登録され、
茶の「品種」という概念が初めて世に認められた年である1892年を、
今日まで続く日本茶の多様性の始まりと位置付け、
このブランドのシンボルとして掲げました。

お茶の画像

私たちが夢中なお茶を、
あなたにも。

私たちは全国の生産者さんの元を訪ね、美しい茶畑を前にしながら彼らの想いや苦労を聞き、数えきれないほどのお茶を飲んできました。

どんな想いや歴史を持って作られたお茶なのか、
その美味しさの理由がどこにあるのか。
それを知った上で飲むお茶の美味しさと面白さは、私たちを夢中にして離しません。

FAR EAST TEA COMPANYが選ぶお茶は、とにかく魅力的です。

日本中の産地を尋ねて厳選した、シングルオリジンの日本茶たち。
この魅力的なお茶を、それぞれのお茶が持つ個性と面白さを、皆さんにも楽しんで欲しいのです。

あなたの暮らしを彩るお茶は、あなたが選んだ、あなたの大好きなお茶であって欲しい。
私たちFAR EAST TEA COMPANYは、そんなお茶との出会いをお届けします。

限りなく広く、どこまでも面白いお茶の世界を、あなたに。

LATEST JOURNAL

“霧に煙る海に浮かぶ島”にて。親子三代で作る旨味のお茶|鹿児島県霧島市〈有村製茶〉

2021.06.11

“霧に煙る海に浮かぶ島”にて。親子三代で作る旨味のお茶|鹿児島県霧島市〈有村製茶〉

スマートに、ストイックに。美味しいお茶を作るためにできる全てのこと。|島根県出雲市〈出雲精茶〉

2021.05.13

スマートに、ストイックに。美味しいお茶を作るためにできる全てのこと。|島根県出雲市〈出雲精茶〉

極まる品種の個性。自然と育む山のお茶|静岡県川根本町〈樽脇園〉

2021.05.11

極まる品種の個性。自然と育む山のお茶|静岡県川根本町〈樽脇園〉

つながりを大切に。歴史と森の恵みが生む狭山茶|埼玉県所沢市〈平岡園〉

2021.04.03

つながりを大切に。歴史と森の恵みが生む狭山茶|埼玉県所沢市〈平岡園〉

栽培から抽出まで。LIGHT UP COFFEE・川野優馬さんが考えるコーヒーのこと。(後半)

2021.03.24

栽培から抽出まで。LIGHT UP COFFEE・川野優馬さんが考えるコーヒーのこと。(後半)

栽培から抽出まで。LIGHT UP COFFEE・川野優馬さんが考えるコーヒーのこと。(前半)

2021.03.11

栽培から抽出まで。LIGHT UP COFFEE・川野優馬さんが考えるコーヒーのこと。(前半)

「やぶきたを極める」真摯に歩む茶づくりの王道。|鹿児島県南九州市〈ながやま園〉

2021.02.27

「やぶきたを極める」真摯に歩む茶づくりの王道。|鹿児島県南九州市〈ながやま園〉

「ただ好きだから」で選ぶチョコレート。c7h8n4o2・児玉寿瑞奈さんの大好きなチョコレートの話。

2021.02.10

「ただ好きだから」で選ぶチョコレート。c7h8n4o2・児玉寿瑞奈さんの大好きなチョコレートの話。

牧之原台地で作る、自然が巡るお茶畑(後編)|静岡県牧之原市 〈小栗農園〉と〈杉田製茶〉

2019.11.06

牧之原台地で作る、自然が巡るお茶畑(後編)|静岡県牧之原市 〈小栗農園〉と〈杉田製茶〉

牧之原台地で作る、自然が巡るお茶畑(前編)|静岡県牧之原市 〈小栗農園〉と〈杉田製茶〉

2019.08.25

牧之原台地で作る、自然が巡るお茶畑(前編)|静岡県牧之原市 〈小栗農園〉と〈杉田製茶〉

お茶の無限の可能性に手を伸ばす若きチャレンジャー|茨城県猿島〈石山製茶工場〉

2020.12.06

お茶の無限の可能性に手を伸ばす若きチャレンジャー|茨城県猿島〈石山製茶工場〉

茶農家人生を賭けた決断。藤枝かおりの名手|静岡県藤岡市〈中山製茶〉

2020.12.06

茶農家人生を賭けた決断。藤枝かおりの名手|静岡県藤岡市〈中山製茶〉

情熱と努力のお茶づくり。知覧のトップランナー|鹿児島県南九州市〈下窪勲製茶〉

2020.10.14

情熱と努力のお茶づくり。知覧のトップランナー|鹿児島県南九州市〈下窪勲製茶〉

最高の茶畑で手間暇かけた有機のお茶を。|福岡県うきは市〈新川製茶〉

2020.09.28

最高の茶畑で手間暇かけた有機のお茶を。|福岡県うきは市〈新川製茶〉

どう飲まれるかまで考えて。飲み手のことを考えるエコファーマー|鹿児島県南九州市〈瀬川農園〉

2020.09.28

どう飲まれるかまで考えて。飲み手のことを考えるエコファーマー|鹿児島県南九州市〈瀬川農園〉

プロダクトにクラフトマンシップを。「好き」から始まるモノづくり|三重県四日市市〈南景製陶園〉

2020.09.25

プロダクトにクラフトマンシップを。「好き」から始まるモノづくり|三重県四日市市〈南景製陶園〉

「質より量」から「量より質」へ。お客さんと直接つながる農園|三重県四日市市水沢町〈マルシゲ清水製茶〉

2020.09.24

「質より量」から「量より質」へ。お客さんと直接つながる農園|三重県四日市市水沢町〈マルシゲ清水製茶〉